チェロのレッスン64回目、移弦するときの雑音に悩まされる

今日のレッスンは、ウェルナーのP.41下の曲の3回目。

大体OKなんだけど、まだ終わらない・・・。
まず、全体にあるレ~(ダウン)、ミファ#ソラシド(アップ)をスラー付きで駆け上がるフレーズ。
ファ#を弾いてすぐに指を離してしまうので雑音が出てますよと言われる。
これは家で練習していても、CG間の移弦がうまくいかず、何度やっても隣の音が聞こえていた箇所。
そういう理由だったのかと、思わず膝をうつ。

次のソを弾くまで指は離さないように。
開放弦は、鳴らしてから前の音を押さえていた指を離す、と覚えておくように。
なので、ここは思い切り肘を上げないと指を立てられない。
ゆっくりぬる~っと肘を上げるのではなく、素早く上げる。

2段目、5小節目。
最後の音がソ#なのを見落とし。
ここは、最初から最後まで1の指を弦から離さない。
ソ#ラシド#レソ#のレもさっきのと同じく開放弦なので、弦から指を離さず指を立てる。
ド#からソ#まで4本の指は押さえっぱなしで、1の指を滑らせてくる。
6小節目のド#レド#も指を離さない。

3段目、3小節目。
シラソ#ラシソ#、234でソ#を押さえたまま、1の指でシを押さえる。

6段目、6小節目と7段目の3小節目。
G線ド#、D線ソミ、G線ドラソ、C線ミとメチャクチャめんどくさい箇所。
G線ド#は4の指、123の指だけ縮めてD線ソミ。
ソはともかく、ミはムリじゃね?

最後の重音。
2音ずつ分けて弾かない(間をあけない)。
弓を当てて弾くのは2音ずつなんだけど、1つのかたまりなので、素早く続けて弾く。
その次のレは16分音符なので、かなり素早く弾く。
最後の二分音符とつなげて弾くカンジで。

最終更新日:

このエントリーをはてなブックマークに追加

広告