チェロのレッスン55回目、リズム音痴。4分音符と8分音符が混在するとリズムがとれない。

今日のレッスンは、ウェルナーのP.39旋律的な練習曲の続き。

7段目の先頭のファの音程がずれる。
前の小節で4の指で弾いてた位置を覚えておいて、目視しながらポジションチェンジしないと位置がずれる。
これはもうどうしようもないので、見るしかない。

9段目、Gパートから曲調が戻るので、明るく弾く。
出だしのシを少し高めに弾くといい。
4小節目のファも音程がずれやすいけれど、ずれるなら高めに。

最難関、最後の段のリズムが全然合わない。スラーが入ると壊滅的。
同じようなリズムのBパートは弾けているのに、スラーのあるなしで調子が狂う。
ここは8分音符カウントのメトロノームで重点的に練習してくるように。

最終更新日:

このエントリーをはてなブックマークに追加

広告