チェロのレッスン32回目、右手が疲れて1曲通して弾くのがつらい

今日のレッスンは、前回に引き続きウェルナーのP.33の練習曲。

4分音符の間にキュに8分音符があったり、付点が付いたりするとリズムが狂う問題がまだ残ってます。
最後のアルペジオのパートは全部8分音符なのでだいぶ早いけど、リズムは一定になるように。
アップダウンも同じ調子で弾くように。

で、この曲は今までやった練習曲の中で一番長い上、アルペジオが入るのでとても右手が疲れる。
もっと疲れないで弾けるような、何か改善策はないのか先生に聞いてみた。

親指は反らない。反ると疲れやすい。
右手の形はボールを握ってる形で、丸く。
各指の間は均等に。

そういえば、以前Youtubeで探した弓の持ち方動画でも、そんなことを言ってたっけ。
ヒザに手を置いて、その形のまま弓を持つとかやってましたね。
ということで、家で練習するときにヒザに手を置いてから弓を持つというのをやってます。
親指は・・・なかなか直らないね。指先が痛くなるのは、まだ力が入ってるからなのかな??

最終更新日:

このエントリーをはてなブックマークに追加

広告