チェロのレッスン17回目、スタッカートは一度止まってかぎ針で引っ掛けるようにしっかり音を出す

今日のレッスン
ウェルナーのP.30、真ん中の曲
鈴木メソッド、楽しき農夫(Happy farmer)

自信がないと音が小さくなるので、初めて弾く曲はスラーとかスタッカートはなしで、1音ずつ全弓使ってベタ弾きで最大音量を出す練習をする。
スラーがかかってるところは全弓で弾く。
移弦で指がつぶれないように(指がペタっと寝ちゃうのはダメ)。
相変わらずスタッカートが出来ない。
スタッカートは一度止まってからスタート。流して弾かない。かぎ針を引っ掛けて弾くと思え。

娘とアンサンブルをする予定の「楽しき農夫」も見てもらった。
散々家で練習していったのに、なぜか先生の前だとグダグダに・・・。
今やってる曲と同じようにスタッカートの連続なので、まずスタッカートなしでベタ弾きの練習から。

最終更新日:

このエントリーをはてなブックマークに追加

広告