合計
現在の体重 60.5 60.3 60.0 59.7 59.2 59.7 60.0
晩御飯は腹八分で就寝3時間前 x x x x 3
1時間程度の運動をした 0.5 0.5 0.5 0.5 0.5 x 0.5 3
ギターの練習をした x x x x x x x x
チェロの練習をした 1.5 2 2 2 2 x x 9.5
英語の勉強をした x x x x x x x x

月曜日
チェロの練習をしようとしたら、ミにウルフ音が出る。
先週先生に見てもらったんだけど、弾くと弦の振動でウルフキラー自体がブルブルしてしまい、直しようがない。
30年物なので、ゴムが劣化しているんだろう。
アマゾンだと同じ形のやつしかなかったので、楽天で先生と同じ形のウルフキラーを注文した。

英語の送迎あり。
強風と寒さで猫散歩はやめた。
今日の息子の様子は、先生に怒られも褒められもしなかったとのこと。

みかんちゃんが、先週から1日中パソコンモニターの裏にずっと隠れたまま。
エリザベスカラーなしのモカちゃんでも緊張状態が解けないので、夕方からカラーを外したままにしてみた。
モカちゃんが寝るときは、みかんちゃんが見ていないところでカラーを付けて隔離部屋へ。
みかんちゃんは、ご飯も少ししか食べないし、食べても昨日今日と吐いてしまったので、このままだとみかんちゃんが病気になりそう。

火曜日
モカちゃんのカラーは、傷口が悪化しない限り、もう付けないことにした。
1日様子を見ていたけれど、特に傷口を気にするそぶりもなかった。
朝、みかんちゃんは、リビングには入ってこなかったけれど、モニター裏ではなくいつものダンナのPC椅子の上へ。
モカちゃんが近寄っていっても威嚇はしなくなったし、昨日みたいにしっぽや耳が緊張したような感じはなかった。
夕方には、いつものようにリビングに出入りするようになった。

子どもと耳鼻科に行って、花粉症の薬をもらってきた。
今年は、鼻はまだ来ないけど、目のかゆみが少しきた。
年々花粉症が軽くなっているのは老化現象か。
院内の伝言板に、何とか先生のマスクが欠品とか書いてあって、病院でもマスクが入荷しないんだなと思った。

水曜日
みかんちゃん、朝ご飯をリビングで食べてくれた。
もう通常通りかな。

娘が、発表会の曲を練習している気配がないので、1オクターブ以上開くところは全部直した簡易バージョンを作った。
よく考えたら3/1におさらい会があるので、そこまでに通しで弾けるようになってもらわないと困る。
少し尻を叩かなくては。

月曜日に注文したウルフキラーが届いた。
なんと緩衝材がマスク!
メルカリで高額転売されてるから、もらったマスクと買った商品が同額くらいの価値だw

サッカーとバドミントンの送迎あり。

木曜日
モカちゃんを病院へ。
去勢の傷跡は問題なし。
猫カビの治療はあと2週間続ける。
本格的なくしゃみの薬(ステロイドを使うと猫カビに影響するので)は、今の薬で様子を見てから決める。

新しいウルフキラーを試してみたけれど、うまくはまらない。
パーツが小さいので力を入れてネジを締めることができないし、締まったらズレた位置でも直せないと悪戦苦闘。
ワッシャーみたいな部分がないので、うまくはまらないと弾いたときに金属の反響音みたいなものが出る。
結局、古いウルフキラーに戻した。
こちらはウルフ音が消せるけど、チェロ本体から雑音が出る。
もう~~~。

娘に発表会の伴奏をお願いしていたのに、練習が全然進んでない。
この前の簡易版でも難し過ぎて出来ないというので、重音と装飾音をなるべく削ったバージョンを作って渡した。
30分練習させてみたけど、まだ難しいという。

金曜日
発表会の伴奏、昨日削ったやつから更に音符を削ったバージョンを作った。
もう削れないよ。

今日はチェロのレッスン日
チェロのレッスン110回目、ウルフ音の続きとI see the light 9回目
先生に新しく買ったウルフキラーを見てもらったけど、先生のと形は同じでも軽くて、溝が浅く、ちゃんと閉まらない。
こりゃダメだ。
買ったウルフキラーは返品か交換できるか問い合わせてみたら、往復の送料は負担してください、返品自体はOKだという。
よかった、よかった。

土曜日
娘に、今までのやり方だと来週までに間に合わないので、午前と午後1時間ずつ練習してと伝えた。
3連休だから、いっぱい練習できる。
楽譜のまだ難しいという箇所をいくつか変更。
度重なる変更で、楽譜のアレンジがすぐにできるようになった。
音を出しながら確認できるのでアレンジらくらく。MuseScore様々だ。
娘は、もう来年はやらない、ディズニーなんてダサいと言いながら、ブツブツ練習。
中学生とか、発表会でポップスを弾く子がいるので、そういうのがいいんだろうな。

午後、車の点検でディーラーへ。
この前1回エンジン掛からなかったと伝えた。
あれこれ調べた結果、ダンナがつけたドライブレコーダーが電気を食ってて、バッテリーが弱っていたらしい。
バックモニターのカメラがナンバープレートに掛かってるのも車検に通らないと教えられた。

日曜日
娘、今日はそれほど機嫌も悪くならず、午前午後1時間ずつ練習できた。
昨日よりはマシになったけど、まだまだつっかえる。
1オクターブ以上指が離れるので、手元を確認しないと弾けない。
楽譜も確認しないとわからないので、暗譜するくらい練習しないとダメだな。

ダンナが、バックモニターのカメラの位置を変えるために、ナンバープレートの上の部分に穴を開けた。
ちょっと切り口がガタガタしているけれど、こするとメッキがはがれるらしい。
まあ、覗き込んで見る場所でもないので、気にはならない。

天気が良かったので、モカちゃんをシャンプー。
猫カビ治療もあとわずか。

週末、いつも食べ過ぎるのでウォーキングもした。

新しく買ったウルフキラーを見てもらったけれど、結局ネジが浅くてうまく止められないということで、古いやつで頑張ることになった。
チェロ本体から出る謎の異音。表板を押させると止まる。
今日は職人さんが出張でいないので、連絡だけしてもらった。
そしてレッスンが終わる頃にはなぜか異音が止まった。

曲の方は先週と同様、ビブラートの確認。
あと、フォルテとピアノの区別。
大きい音を出すのが難しいなら、ピアノの方を意識する。

付点二分音符のあとの休符のところ。
弾き終わって、おりゃー終わった~というふうに弓を上げない。
弓を使い切って、そっと下ろす。

テンポが遅れるところ、弓を使いすぎないように。
戻ってこれなくて間に合わないので、弓は半分までにする。

以前「MuseScoreで小節の間隔があまりに不揃いなので、これを揃えたいとき」で、小節を直せないときがあると書きましたが、それの原因が判明。
例えば、下のように1段に2小節しかなくて、シフト+{を押してもこれを動かせないとき。
段の右上に注目。
なんかリターンキーみたいな矢印アイコンが見えます。
これを削除。

ms01.gif

直った~~~。

ms02.gif

パレットにある、区切りとスペーサーの「譜表の折返し」が入ってたみたい。
入れた覚えはないんだけど・・・、はて??
これは指定した小節で折り返す機能だそうです。

他にも直し方が紹介されていたのでメモ。
バージョン違うと、表記も変わってるけど。
参照:小節の長さの変更について

MuseScoreは自動清書機能を持っているため、ユーザーが手動で小節を短縮、延長しようとしても
その小節が多くの音休符を含んでいたり、前後の小節との兼ね合いが悪かったりすると、思い通りに長さを変えてくれません。
そこで、以下の三つの方法でがんばって調節してみてください。特に(3)は有効です。

(1)「スタイル」→「楽譜のスタイルを編集」の「小節」の「間隔」と「最小音符間隔」で
音符間の距離に関する設定ができます。
この設定で間隔が広すぎると、音休符を多く含む小節は、その小節だけで一段占領してしまいます。

(2)「レイアウト」→「ページ設定」の「比例尺」の「間隔」で、譜表の縮尺を調節、設定できます
この値が小さいほど一段に多くの小節が収まります

(3)パレットの「折り返しと間隔」の「譜表の折り返し」で、段の最終小節を指定して、
その段の小節数を固定することができますこれは非常に便利です。
通常、編集中に、ある小節内の音休符が増えると、その小節の幅が自動的に長くなります。
それが続くと、その小節を含む段の最後の小節が入りきらなくなり自動的に次の段に移されますが、
あらかじめ「譜表の折り返し」で、段の最終小節を指定しておくと、その段に多くの音符を入力しても、
指定された最終小節は次の段に移されません

先々週は
61.4、61.0、60.2、59.9、60.1、60.0、60.7。週平均60.5kg。
先週は
60.4、60.3、60.3、60.9、60.7、60.1、60.5。週平均60.5kg。

水曜日に餃子を作っていっぱい食べたので、平均値を押し上げたけれど、先週と変わらず。

土日を除いて、毎日運動してるじゃん。
でも、足首の痛みが引かない。
2日湿布を貼ったらかぶれた。
先週よりはマシになった気もするけれど、あんまり変わらないかな。

合計
現在の体重 60.4 60.3 60.3 60.9 60.7 60.1 60.5
晩御飯は腹八分で就寝3時間前 x 6
1時間程度の運動をした 1 1 1.5 0.5 0.5 x x 4.5
ギターの練習をした x x x x x x x 0
チェロの練習をした 2 1.5 1.5 2 2.5 x x 9.5
英語の勉強をした x x x x x x x 0

月曜日
英語の日
先週レッスンを受ける態度が悪かったので、行く前にちゃんとできるか念押しして聞いてみたら、分かってるよみたいな感じで不機嫌に。
口うるさく言ってはいけないらしい。難しい年頃だ。
終わったあとは上機嫌で、今日はいつもの1.2倍くらいちゃんとできたと言う。
まあそれは何より。

レッスン日の移動、他に移動できる人が誰もいないそうなので、金曜でしたらなんとかと伝えた。
娘のピアノのレッスン日を移動しなくてはいけないが、仕方がない。

火曜日
祭日のため子供は休み。
朝から息子の友だちが来てゲームをするらしい。

モカちゃん、シャンプーの日

みかんちゃんのゲロは落ち着いてきたかな?
今日はまだない。

水曜日
フラの日
体調不良、子供が熱で休みの人が多かった。
新しい曲の部分練習。腰を8の字に回すやつが面白い。ラテンダンスのDVDにあったやつだな。

サッカー、バドミントンの送迎あり。

みかんちゃん、ゲロなし。

木曜日
モカちゃん、去勢手術の日
くしゃみの相談もしてきた。
みかんちゃんが2日続けてくしゃみをしていたので、伝染るものなのかどうか。
伝染るかもしれないですね、だって。
それなら治療しなくては。
猫カビの治療も、もう1カ月は続ける。
くしゃみは、猫カビがあるとステロイドが使えないので、最初の頃にもらった飲み薬と点鼻薬をやることになった。
みかんちゃんのゲロについては、気になるようなら診察しますということだったけど、収まったようなのでしばらく様子見にする。

夕方、娘とバレンタインの買い物をしてモカちゃんを迎えに行った。
また去勢手術で取ったブツを見せられた。
鳥の砂肝みたい・・・。

家に帰ると、みかんちゃんがエリザベスカラーを付けたモカちゃんを怖がって、すごい勢いで逃げた。

金曜日
今日はチェロのレッスン日
チェロのレッスン109回目、ビブラートをどこでどう掛けるかと I see the light 8回目

みかんちゃん、まだモカちゃんを怖がって2階から降りてこない。
ご飯もほとんど食べていない。
モカちゃんは、何でみかんちゃんが逃げるのか分からないんだろうな。
追いかけるので、1階と2階で別々にすごしてもらうことにした。

moca.jpg

娘と、バレンタイン用のブラウニーと、失敗したときの保険にチョコフレークを作った。
ブラウニーは焼きすぎたのか、クッキーのように硬くなってしまった。

土曜日
朝からブラウニーのリベンジ。
昨日180度で30分焼いたので、170度で20分にしてみた。
中は柔らかかったけど、表面が硬い。
う~ん、去年はしっとりしたやつができたはずなんだが。
レシピの違いか。

今年は誰くんにあげるというのはなく、友だちと交換しただけらしい。
息子、女の子からもらえなかった。去年は1つ友チョコをもらっていたのだが。

みかんちゃんに、カラーを外したモカちゃんを見せてみた。
同じ部屋にいることはできたけれど、近づくのはダメらしい。
寝室にご飯とお水をおいてあげても食べないので、チュールを乗せたら食べ始めた。
そこにモカちゃんが来たら、また逃げた。
みかんちゃん、常にドアの方を見て様子を伺ってる感じ。
これはストレス溜まるな~。

こちらの動画の48秒あたりから、2種類のビブラートの解説があります。
私の先生がやってるスクエア(まっすぐという意味か?)に持つやり方と、指を斜めに構えるやり方。

字幕を簡単に訳すと

スクエアな構えはカザルスのやり方、斜めの構えはファイアーマン、シュタルケル、グリーンハウスなどのやり方。
どちらのやり方が自分の手に合っているか見つけなくてはいけない。
どちらでもうまくいく。
私は普段、彼らのビブラートがどのように響くかによって、どちらのやり方がいいか提案している。
もしスクエアな構えなら、ビブラートはもっと回転する。
もし斜めに構えるなら、ビブラートはもっとポンプのように上下する。回転はしない。それは自然ではない。
斜めの構えのとき、指をぐるぐると回転させようとするのは自然ではない。
あなたを混乱させてしまったかな?
では、やってみよう。手をリラックスさせて。
わたしがこうすると(手をとって動かす)、あなたの指の関節が動くでしょ?
もっと手を柔らかくして。
他の指もやってみよう。
(動画を見ると、第1関節がくにゃくにゃしているのが見えます)
こちらのやり方の方が、同じテンションでもより簡単で、素早く細かい動きができます。
そして、指をもう少し傾けると、もっと早く動かすことができ、あなたが情熱的に弾きたいときの助けになります。

この後、この先生が若かった頃、(グリーンハウスが先生だった?)もっと指を斜めにしてみたらと言われて、やってみたらすごかったという話で終わり。

この斜めに構えて第1関節をぐにゃぐにゃするというのは、以前読んだこちらのブログにあったやり方だ。
参照:ビブラートの秘密

なんか、すごいビブラートかかりそうでしょ?
このブログを読んだあとに、うちの先生にスクエア方式でビブラートを習ったので混乱。
あのブログにあったあれはナニ?どうすんの?となりましたが、結局、今はスクエア方式で練習中。

このブログもどこかのチェロ教室の先生が書いていて、こちらはスクエア方式。
参照:ヴィブラートの練習 其ノ四

チェロを習い始めた頃によく見ていたアビゲイル先生の動画は、今改めて見るとあまり指は斜めになっていないけど第1関節はけっこうぐにゃぐにゃ。
スクエアみたいに見えるときもあるけど、総じて斜めな感じ。

たまたまオススメで出てきた、このラテンな男性のビデオ。
かなりドアップでスクエア式の手の動きを見せてくれます。

この人だけじゃないけど、なんでチェリストは小指がこんなに強いのか。

いぜれにせよ、2つのやり方があると知っていないと無用な混乱を生むと思いましたのでメモ。

先週出ていたウルフ音、今度はミで出る。
先生が直してくれたけれど、もうゴムが劣化してダメなのかもしれない。
直らないようなら買い替える。

曲を全体通してビブラートを掛けながら弾いてみてというのでやってみた。
その後、細かく解説。

2分音符や付点2分音符の場合、まず普通に音を出す。それからゆったりビブラートを掛ける。
4分音符の場合、最初からガーっと細かくビブラートを掛けてよい。
付点4分音符の場合、余裕があれば2分音符と同様。なければ4分音符と同じ。
ポジションチェンジで、どうしても間に合わない場合は、無理にビブラートは掛けず、その後ろの音に掛けるなどの工夫も。
曲のつながりと、どこが盛り上がるポイントかチェック。

4の指でビブラートを掛ける場合、3の指を4に添えて、親指を3の下に移動させてからビブラートを掛ける。
しっかり掛けるためには、移動しながらではなく、親指の移動が終わってから。
弱い指の場合、指先を弦に引っ掛けるようにするとビブラートを掛けやすい。
ミのフラットとか、通常広い形で1の指を伸ばすようなところ、指は伸ばさない。1の指と親指でネックを挟んで掛ける。

ダイエット2/3~2/9の反省点、足首の痛み

先々週は
60.9、60.8、61.1、60.4、60.0、60.3。週平均60.5kg。
先週は
61.4、61.0、60.2、59.9、60.1、60.0、60.7。週平均60.5kg。

2週連続で同じ平均値ではあるけれど、スキー旅行の余韻で、平日禁酒の誓いを破って飲んでしまいました。
ウォーキングは4日やったけど、金曜から足首が痛くなって、まだ治らない。
特にひねったわけでもなく、朝起きたら痛くなってたので原因不明。
歩けないわけではないが、どうしたものか。

合計
現在の体重 61.4 61.0 60.2 59.9 60.1 60.0 60.7
晩御飯は腹八分で就寝3時間前 x x x 4
1時間程度の運動をした x 0.5 0.5 0.5 0.5 x x 2
ギターの練習をした x x x x x x x 0
チェロの練習をした 2 2 2 2 2.5 10.5
英語の勉強をした x x x x x x x 0

月曜日
英語の日
今日は授業参観ということで、後ろから見ていましたが。
教室に入る前から息子の様子がおかしかった。
レッスンが始まっても、参加する態度ではない。
終わった後で、講師からペアで練習する子の迷惑になるので、このままだったらやめてもらいたいみたいなことを言われた。
もうショック。実は去年も同じことを言われて2回目だけど。
後で息子に聞いてみたら、急に気分が悪くなって、インフルエンザになったんじゃないか心配になったという。
勇気がなくて言い出せなかったっていうけど、何かあれは違うな~って感じ。
だんだん息子が話が通じないエイリアンみたいになってきたような。

あと、来年度火曜日を希望していたけれど、ここはいっぱいで他の曜日に移ってほしいと言われた。
金曜日にして、ピアノを別の曜日にすればなんとかなるけれど、どうしよう。

火曜日
猫カビ治療78日目
モカちゃん、2週間ぶりに病院へ。
体重は2.7kgに。
今日こそ治っただろう~?どう?どう?
先生「まあ、治ったと考えていいと思います」みたいな感じ。
あ~、見た目判断だけで、検査とかないんだ。
「やったー!終了~!」という達成感がないんだけど、これで終わったのかな?
塗り薬は終了。
飲み薬はもう1週間。
シャンプーは週1回でもう少し、となりました。
来週の去勢手術の説明を受けて帰る。

水曜日
モカちゃん、シャンプーの日

サッカーとバドミントンの送迎あり。

木曜日
昨日からみかんちゃんの様子がおかしいと息子が心配している。
すごい音がするけどゲロできないみたいな感じ。
でも食欲もあるし、トイレもしてる。
しばらく様子見か。

金曜日
登校当番で車の番。
今朝はすごく寒かった。
タイツ履いていけばよかった。上はともかく下が寒い。
息子が手袋を2枚重ねにして持っていたので、1組借りた。

朝イチで動物病院に電話してみかんちゃんの様子を伝えてみた。
吐き気が続くようなら連れてきてということで、しばらく様子見になった。

今日はチェロのレッスン日
チェロのレッスン108回目、弦の交換後に発生した謎の現象ウルフ音とは、第4ポジションでのビブラートと I see the light 7回目

土曜日
午前中、息子のサッカー大会。
去年は凍える寒さだったけど、今年は割と暖かかった。
息子のチームは予選で1勝して、トーナメント1回戦負け。
去年よりはボールを取ろうとしていたし、アシストが何回かできていた。
できればもっと積極的にボールに絡んでほしいところだが。
休憩中リフティングをしている子がいて、同じサッカー教室でもスキルが全然違うんだなと思った。
ああいうのは、もっと本格的なクラブに入ってる子がやると思ってたけど、そうじゃないのね。
やっぱりサッカーが好きで、自分から練習できる子が伸びるんだよね。

sakka.jpg

お昼にららぽーとまで行って、お昼ご飯に石窯ハンバーグの店に入った。
静岡にはさわやかがあるので、ハンバーグに関してはレベルが高いんだよ。
まあトッピングが色々あるのはいいけれど、ここはさわやかの敵ではないな。

日曜日
みかちゃんの様子。
朝、猫草を食べてそれが混じったやつを少し2回吐いた。
夕方、空ゲロ1回。吐く音が小さかった。咳き込んだときのような感じか。

レッスンの前、先週弦を交換したら第4ポジションのG線ファが出ない、出てもヒヨヒヨと震えた音になると先生に言ってみた。
前の弦でも少しファが出しづらかったけれど、新しい弦なのに音が出ないのは、弦が悪いのか、自分の腕前のせいか、それとも楽器のせい?
先生が私のチェロをあれこれ弾いて、「これはウルフ音です」という。
バイオリンでは出ない、チェロ特有の現象らしい。
主にファかミの音が出なくなる。
なので、ウルフ音が出る弦に金具を付けて、正常な音が出る位置を探してやる必要があると。
ちなみに楽器の状態によって、場所は変わることがあるので、その場合はミリ単位で動かして慎重に探すんだって。
マジか。

一番最初はこの金具が付いてたんだけど、ラーセンとヤーガーのとき(G線はスピロコア?)には出なかったから金具を外していた(でも、この頃第4ポジションやってないから実は出てたのかも)。
ドミナントでは、少し出てた。
今回のヘリコアで、出過ぎるくらい出たので、弦と楽器の相性と関係あるのかも?

とりあえず先生に直してもらって、いざレッスン。
一通り弾いて、指の押さえ直しの箇所は、通しで弾くのではなく、そこだけ何度も繰り返して練習した方がいいと言われた。
4の指で押さえてたところを、次の音で2に押さえ直すみたいな箇所がいくつかあるので、そこは何度もやっておく。
あと、第4の4から第1の広い形の1に飛ぶところも反復練習する。

第4ポジションの4の指のビブラート、これが遠くて掛けられない。
先生は小指1本でビブラートを掛けるけれど、3の指を添えてもいいという。
手の形は丸く、ビブラートを掛けてる途中で手の形を変えない(途中でつぶれないように)。
親指はネックのカーブのところに。関節が反らないように。

ビブラート全般。
普段より強い力で弦を押さえないとずれます。でも、指は反らないように。
手を床の方に向かって振る。