合計
現在の体重 59.7 59.5 59.0 59.1 58.9 58.6 58.9
夜8時以降に食べない x x x 4
1時間程度の運動をした x x 1.5 x x x x 1.5
ギターの練習をした x 1.5 1 1.5 1 x x 5
チェロの練習をした 1 1 1 1 1.5 x x 5.5
英語の勉強をした x 0.5 0.5 0.5 1 x x 2.5
絵の練習をした x x x x x x x 0

月曜日
祭日のため、朝から創也の友だちが来る。
午後から自治会の芋掘り体験に子どもを送り出し。
その後遊びに来ていた乃絵ちゃんのお友だちが、いつの間にか和室でこたろうのお参りをしてくれていた。
なんていい子なんだ~~~;;
今まで来た子で、そんなことをしてくれた子はいないよ。
多分、家におばあちゃんがいる子だから、毎日お線香をあげたりしているところを見て覚えたんだろうな。

火曜日
注文していたエアコンの到着を待つため、午前中は自宅待機。

学校から帰った創也が泣きながら布団に引きこもり。理由を聞いてもしゃべらない。
いつもなら、誰がどうしたと言うのに、よほどくやしい思いをしてきたのか。
今日はドラキッズが授業参観だったので、あとで行ったらもうニコニコして機嫌が直っていた。
帰りにやっと理由を教えてくれた。
学校にいるときにお友だちに首のところを掴まれて痛かったこと。
その後、先生がその子に何か言ってた(乃絵ちゃんいわく、その子はキレると先生にも暴言を吐くような子らしい)けど、仲直りはしていないらしい。
あと、他のお友だちがわざとじゃないと思うけど、机にぼくの指を挟んで謝ってくれなかったこと。
色々痛い目に合って、それなのに誰も謝ってくれなくて、悔しかったのかな。
いじわるをするお友だちにどうするべきか。
やり返せというのはちょっとアレですが、ヤラレっぱなしだとそのうちなめられてイジメに合いそうだしな。
必要であればやり返すというのは、親の指導としてはダメなんですかね・・・。

水曜日
フラの日
皆さん出演料が値上がりしても発表会に出る気らしいですが、ワタクシは金銭的にもやる気の面でも、ちょっと遠慮したいなあ・・・。

木曜日
9時過ぎにエアコンの工事。
終わってみたら、あれ?外したエアコンと室外機もないよ。
昨日ダンナが別の回収業者に依頼していたような??

子どもがスーパーの店内見学会に行ってるから来てというので、11時過ぎに行ったら、ちょうど店の外側にいるところに遭遇。
ママを見てピョンピョンして喜んでる姿を見ると、まだまだ子どもなんだな~と思う。

子どもたちがこたろうの写真集を欲しいというので、見開きでこたろうの顔が見えなかったところを手直しして2冊再注文。

夕方、エアコン業者から電話が来て、回収料金をもらい忘れたという。
いえいえ、回収は頼んでませんよ。庭先にでも置いておいてくださいとお返事した。
再配達代とか取られたらどうしよう。
エアコンカバーの再利用代も実費で取られたし、発注した時点でお願いしていないものに料金発生するのは勘弁して欲しい。

金曜日
こたろうが死んで何日経ったかな。もう3週間か。
ついこの前みたいなのに、あっという間だ。
毎週金曜日になると、こたろうが死んだ時間がいつだったか気になる。
6時半ごろだったのかな?もう少し前かな?
その時間にこたろうがいた廊下を見ようと思っていても、朝ご飯や子どもの支度だ、なんだかんだで時間が過ぎてしまう。
多分当日もそんなカンジだったんだろうな。
こたろうが廊下にいるのは分かっていても、バタバタしていて様子を見てあげなかった。
毎日、家族が出掛けたあと、お供えを替えながらお骨に話しかけてポロポロ泣く。
何も変わらない。時間だけ過ぎていく。

今週はずっとペット用の仏壇のページを見ていて、結局高さ20センチの骨袋が入るシンプルなデザインのものを頼んだ。
これ→ クリメイションボックス ディアペットマーク(焼印)なし ペット骨壷4寸サイズ用

これで、やっとこたろうの新居が決まった。
注文するときに、Yahooのカードを作ると今なら5000ポイントプレゼント!とあったので、ついでにカードも作った。
Tポイントと連動させることもできるというので、それもしておいた。
3週間経って、少し冷静になってきたのかな。
最初の頃だったら、この手の広告を見ると、うるせー余計なことすんじゃねーと思ってただろうな。

午後から雨が降り出して、急に寒くなった。
今日はチェロのレッスン日
ひたすら六度音程で終わりそうだったので、残り5分駆け込みであと2つ課題をクリア。
チェロのレッスン26回目、六度音程の指順

土曜日
今日は真冬のように寒くて、しかも雨。
火曜日にフラの皆さんがウチで自主練するので、リビングを大掃除。
しまうまプリントで頼んでいたこたろうの2Lサイズの写真が届いた。

日曜日
今日も雨。
こたろうの新しいおうちが届いた。
骨袋ごと入って、まだ少しゆとりがあるカンジ。
作りもしっかりしていてガタつきもなく安っぽくもなく、ザ・仏壇~ってカンジでもないので、ちょうどよかった。
塗装のニオイがちょっとキツイ気がするので、しばらくフタを開けたままにしておく。
宅急便が来ると、開けたダンボールに入りたがったこたろうの姿が思い浮かんで、涙が出た。

午前中は玄関と廊下、午後はこたろうの新居を置く棚の上を片付けた。

今日のレッスンは、ウェルナーのP.31六度音程からボーイングの練習Allegro moderatoの手前まで。

まず指の確認ばかりしているとフォームが崩れるので、譜面だけ見る、駒だけ見るという練習もするといいよと。

1の指が用がないときに動いてしまうので、最初の位置から動かさない。
指順は普通にG線のドを押さえるときに指4本で押さえるバージョンと、もう一つ、移動する指だけ動かすバージョンの練習。
C線でミを押さえるときは指3本使って、次のG線のドは小指だけ移動させて、他の指はC線で待機。
G線でシを押さえるときも指3本、次のD線のソで小指だけ移動して他の指はG線で待機。
下りも同様に、G線のドを押さえるときは指4本使って、D線のソで小指だけ移動、他の指はG線で待機。
ミシとかラミみたいに隣り合ってるところは1の指を寝かせて一緒に押さえる。
つまり、なるべく指を移動させない。開放弦以外では1の指は常に弦の上にあること。

ボーイングの練習1番上。
どこを弾いてるかしょっちゅう見失う。
暗譜するとそうなるので、譜面を見て弾く練習もすること!

ボーイングの練習の2番目は移弦の練習なので、手首だけで弾かない。
大げさなくらい肘から移動してください。
あと、弓の根元より真ん中でひいたほうがラクできます!とのこと。
た、たしかに・・・。

今日はほぼ六度で終わった。
この教科書、いつになったら終わるんだろ。
2月から始めてまだ10ページくらいしか進んでないよ。

合計
現在の体重 59.6 59.5 59.4 59.1 59.2 58.5 59.1
夜8時以降に食べない 7
1時間程度の運動をした x x 1.5 1 x x x 2.5
ギターの練習をした 1 1 1 1.5 1 x x 5.5
チェロの練習をした 1 1 1 1.5 1.5 x x 6
英語の勉強をした x 0.5 0.5 1 0.5 x x 2.5
絵の練習をした x x x x x x x 0

月曜日
ダンナが病院へ行くので有給を取って家にいたけれど、こたろうのアルバム作りに集中していたので、お昼は勝手に食べてもらった。こっちはまだ胃が変なので外食する気にはなれない。

火曜日
ドラキッズの日
送迎する道が動物病院に行くときに通った道なので、まだ色々思い出してしまう。

水曜日
フラの日
新人さんが出たいと言い出したので、なんかホイケも出ることになりそうですよ・・・。
LINEで流した動画をLINEをやっていない人に流すにはどうしたらいいのか調べてみた。
GoogleDriveにアップしてURLを知ってる人だけが見れるようにするのがいいかと思いますがどうでしょう。

木曜日
久しぶりに1時間ウォーキングしてみた。
子どもが4時帰りなので、長い自由時間。
昨日の夜、とても寒かったので、子ども用の布団を干す。

金曜日
今日でこたろうが死んで2週間。
2週間経っても、しょっちゅう思い出してはボロボロ泣きます・・・。
こたろうのアルバムを何度も手直しして、やっと注文できた。

今日はチェロのレッスン日
発表会後2週間あきましたが、こたろうのことがあったのでちょうどいい休みになった。
チェロのレッスン25回目、発表会が終わって、自分の問題点が明確になった

土曜日
ホイケの参加費が間違っていたということで、フラの先生から訂正が入った。
わお、倍料金かよ。これはさすがにムリじゃないかな~。
最初から自信ない~ってみんな及び腰だったからね。
あと、LINEの動画を他の人に流すのはムリなようだ。
大人しくLINEを始めた方が早い。

日曜日
今日は校区の運動会。
先日の寒さが打って変わって真夏日。
日頃の運動不足が露呈します。
綱引きで足がつりそうになった。
始める前は嫌がってた自分も子どもたちも、参加すれば結構エキサイト。
最後のリレーでは応援しすぎてのどが痛いw

校区の運動会

そして、着ぐるみが朝からずっと校庭にいますよ。
この暑さで大丈夫かな~。
いくら妖精さんでも、休ませてやれ。

ダイエット9月のまとめ - 熊茶壜 + 遊戯三昧

1月の平均体重は56.8kg
2月の平均体重は56.8kg
3月の平均体重は57.0kg
4月の平均体重は57.3kg
5月の平均体重は57.7kg
6月の平均体重は58.0kg
7月の平均体重は58.6kg
8月の平均体重は59.1kg

そして9月の平均体重は・・・

58.8kg

おお!久しぶりに下がったw
9月の体重内訳。
最低58.2kg、最高59.5kg。
58kg台が20日、59kg台が10日。
9月はこたろうのことがあって胃が痛くなったこともあり、控えめに食べてた日が多いからかな。

あとは、土日に食べ過ぎて、月曜に最高値をマークしてから徐々に落ちていき、金曜か土曜の朝に最低値を出す繰り返し。
土日に羽目を外さなければ、もっとラクに落とせるハズなんだが・・・。
それか土日に運動するとか。

9月の運動時間は4.5、日数は3(フラのレッスン分だけ)。
夜8時以降に何も食べなかった日数は23。
9月は30日までだったので、毎日できた場合を100とした場合の達成率は

運動したのは10%、夜8時以降に食べなかったのは76%でした。

発表会のビデオは・・・まだ見れません。
心のキズが・・・。
リハーサルは大丈夫だったのに、本番になったら手が震えちゃって勝手にビブラートがかかったような状態で、そのままリカバリーできず。
いくら練習しても、メンタルが弱ければどうにもならないと思い知らされたワケです。
これには別の練習が必要だ。

さて、2週間あいて、久しぶりのレッスン。
ウェルナーのP.31上から真ん中の指のエクササイズまで。

一番上のAllegretto。
最初のアップのスタッカートは素晴らしいと褒められた。
楽しき農夫で散々練習した成果が出ています。
しかし、連続したスタッカートになると、ダウンとアップで同じにならない。アップはほぼ音が伸びていて、スタッカートになっていない。
「カッ」ってカンジで、弓を一度止めてから弦に引っ掛けるイメージで、ダウンとアップ同じ音になるまで練習すること。
元々アップは力が入りにくいので、ダウンより強目に弾く。

音が小さいので、弾く位置を固定させることも意識する。
駒から指板までを4分割したら、指板よりに3/4の位置が音量と響きはベスト。
指板まで行っちゃうと小さい音に、駒に近寄ると大きく荒い音になる。

指の練習のところ。
2小節目、ドシドシ、ドレミファのドレミファだけテンポが遅い。
これは移弦が遅いため。ドを丁寧に鳴らしすぎ。
鳴ったかどうかくらいの勢いで、オリャーって(!)肘から上げる。
手先だけで弾きすぎ。肘の動きを意識する。
6小節目、ドのところは指4本全部でしっかり押させる。
ドの次のラで1の指がずれるので注意。4本押さえてた指を、1を残して上げるだけ。

2段目の6小節目、開放弦のあとにドが来ると音程がずれやすい。

合計
現在の体重 59.4 59.3 59.3 58.7 58.6 58.4 59.6
夜8時以降に食べない x 6
1時間程度の運動をした x x 1.5 x x x x 1.5
ギターの練習をした 1 1 1 1.5 1 x x 5.5
チェロの練習をした 1 1 1 1.5 1 x x 5.5
英語の勉強をした x x x 0.5 0.5 x x 1
絵の練習をした x x x x x x x 0

火曜日
ドラキッズの日
まだ涙目ですが、子どもの送迎はできました。
動物病院に近いのがちょっとね・・・。

水曜日
フラの日
みんなといるときは泣かずにすんだ。
1人になるとダメだな。

母の誕生日なので、夜電話してみた。
前より元気そうな声だった。
泊まりに来るのかどうするのかという話が出たので、こたろうのことを伝えた。
母は、この前は少し良くなってきたって言ってたじゃないとビックリしていた。
もう猫は飼わないほうがいいよ、子ども同様に可愛がってたんだから、悲しいのを忘れるのも同じくらいの時間がかかるんだよと言う。
そう言われてもね・・・。
今までこたろうを置いていけないから日帰りでしかお見舞いに行けなかったけれど、これからはそうじゃないので泊まりで行くことにした。

子どもが行ってる小学校がラジオに出るということで、ネットラジオをダウンロードしたら、選局リストに名前がないくらいマイナーなローカル局だった。
放送内容も、校内放送みたいなカンジの学校紹介だったけど、みんな上手に喋ってました。
創也は歌、乃絵ちゃんはリコーダーのグループだったそうだけど、ラジオなので、ぜんぜんどれが誰だかわかりませんでした。
2年生が喋ってる回で言っていたけれど、学校のそばのお寺で座禅をやっているそうで、誰でも参加できるならしてみたいと思った。
メンタルを鍛えるのに役立ちそう。

こたろうのアルバムを作るのにずっとパソコンに張り付いていたせいか、首が痛い。
ヤバイ。ヘルニアが再発するかも。

木曜日
大雨警報で、学校が2時間目からになったので、久しぶりに子どもを送迎。
まだ胃が痛い。

夕方、雨が降ってきたので子どもが友だちと家に入ってきた。
外で遊べと言ってあったのに仕方がない。
できれば、しばらく子どものうるさい声は聞きたくない。
創也が友だちに猫が死んだことを説明している声が聞こえた。

夜、校区運動会でフラの場所取りに行けないとメンバーからメールが来た。
明日みんなに都合を聞いてみよう。

金曜日
今日で、こたろうが死んで1週間。
おばからメールが来た。
こたろうのことを母から聞いたらしい。
ペットを亡くしたことがある人とは気持ちが通じる。

フラの連絡網を回す。
ついでに発表会をどうするのか出欠も取ることにした。

こたろうのことを書いたブログをアップしたり、Facebookで友達にお知らせしたりした。

朝9時過ぎに動物病院に電話して、こたろうのことを伝えた。
泣かないつもりだったけれど、口を開いたとたんに涙声。
看護婦さんは「こたろうちゃんは頑張ってましたよ。出来るだけのことをしてあげたとしても、後悔はするんですよ」と言う。

お昼に花屋から電話が来て、動物病院からのお供えのお花がありますという。
ちょっとビックリした。
思い出が色々あるので、次に動物を飼うときは違う病院にしようと思ってたのに、これをされてしまうと変えられないな~。
夕方、お礼の電話を入れたら、1週間たって連絡をくれるのが精一杯だったんですよねと言われて、また涙。

土曜日
こたろうがいないので、泊まりで実家へ行って母のお見舞い。
帰りの時間を気にすることも、家でひとりぼっちで大丈夫か心配する必要もなくなってしまった。

母はだいぶ元気そうに見える。
5月から10kg痩せたというので、少し小さくなった気もするけれど、前が大きめだったので、やっと標準くらいか。
次の抗がん剤で最後ということで、また月曜に入院する。
晩ご飯は乃絵ちゃんにカレーを作ってもらうことになった。
作ってる途中でダンナからお迎えに来てというメールが来たので、母に監督交代してもらった。
台所に立つ元気があるくらいなら、まだ大丈夫かな。

ダンナは歯医者の予約があるというので家に残してきたので、晩ご飯のときに合流。
胃が痛いのに昼間食べすぎて、更に夜は飲み屋を2軒回って胃が変だ。
ハイサワー・ホッピーのおしりのポスターを見て、ああ~、これでおっさんの出入りするようなお店に入れるような歳になったんだと、妙に感慨深い。

日曜日
昨日の昼から食べ過ぎで、腹回りがキツイ。
胃が痛いのを通り越して、逆に治ったきたような?
ショック療法か。

町田で買い物して昼ご飯を食べたあと、帰る途中で大磯まで行って化石掘りをした。
今回はタガネを買ってきたので岩を砕くのはできましたが、結局ボロボロに砕けてきれいに採れなかった。

帰りに、御殿場で降りて肉屋で馬バラを買い、晩ご飯は今シーズン初の桜鍋にした。
御殿場を通ってるときに、こたろうをもらうきっかけになった、子猫あげますと張り紙がしてあったペットショップの前を通ったけれど、だいぶ古くてもう営業はしていないようなカンジだった。

愛猫と別れの日 - 熊茶壜 + 遊戯三昧

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

先週の金曜日の朝、こたろうが死んでしまった。
9月に入ってから強制給餌を始めて、ずっと落ち続けていた体重が先週やっと下げ止まり、体調が悪化してからずっとダンボールの中で隠れるように寝ていたのが、時々出歩くようになって、これから持ち直してくれるかもと思っていた矢先に。

体調が悪化しているときは、朝一番にこたろうが生きてるか確認して、おはようと言って撫でていたのに、ここ数日元気そうだったので、薬を飲ませる時間まで寝かせておこうと思い、そのままにしていた。
6時頃に子どもに朝ご飯を食べさせて、ちゅーると薬を混ぜながら、今日の段取りを考えてた。
数日前から風邪をひいていたので、こたろうを病院に連れて行くか、自分の病院を先にするかどうしようと思いながら、そろそろこたろうを連れてこようかと思っているときに、いつもより少し早く起きてきたダンナに焦った声で呼ばれた。
廊下でこたろうが苦しそうな顔のまま倒れてて、お腹のあたりはまだ少し温かいのに手足は冷たくてもう硬くなり始めてた。

何の音もしなかった。
こたろうが声も出さずに、ひとりで死んでしまった。
朝起きたときに、こたろうにおはようと言ったはずだけど、ちゃんと思い出せない。
私が起きてきたら、廊下に出てきたような気がする。
抱っこはしていないけど、撫でてやったような気はする。
でも、それもどうだったか思い出せない。
ちゃんと抱っこしたのは、前日の夜、寝る前にこたろうをヒザに乗せてタオルでくるんでエサをあげたときまで。
もう食べたくないよというふうにタオルに顔を隠してしまうのを、何度も引っ張り出して、それでも口を開けてくれないので最後の1粒を諦めて、ちゅーるを口の横から飲ませた。
そのあと、いつもはダンボールで寝てしまうこたろうとなんとなく離れがたくて、そのまま抱き上げて、ダンナと洋ドラを見ている間、並んで座ってこたろうの背中を撫でていた。
寝る前に、いつもしていたように、おやすみと言いながらダンボールの中に隠れているこたろうを撫でた気はする。

あとから思い返せば、その朝はいつもと違った。
朝、洗面台の下のマットにおもらしをしたようなあとがあった。
今までおもらしはしたことがなかったのに。
朝ご飯の用意をしているときに、ダンボールの中で突然びっくりしたような、大きな音がしていた。
そこで様子を見に行けば、また違った結果だったかもしれない。
少なくとも、誰も気づかないうちに死なせることはなかったかもしれない。

そのあと、どうしたっけ・・・。
私が泣き叫んでる間に、ダンナが子どもを送りだして、自分で朝ご飯を用意して、火葬の手配をしてから会社に行った。
私は、こたろうの体をきれいに拭いてやって、火葬場に持っていけるようにこたろうをタオルでくるんで、大きいダンボールに入れて、そのダンボールの前にお水とこたろうが元気だった頃に食べていたエサを置いた。
泣きながらぼうっとしていたら、胃が猛烈に痛くなってきて、文字通り七転八倒。ぜんぜん動けない。
トイレで吐いたあとで、少し動けるようになったので、今のうちに薬をもらってこようと思い、すぐに胃腸の病院に行った。
診察してもらっている間も泣きどおしで、医者に事情を説明すると、あなたはストレスに弱いから落ち着くまで治らないねと言われた。
レントゲンを撮って、胃だけでなく、小腸の方にも空気があるから急性の腸炎かなということで、1ヶ月分の薬をもらった。

家に帰ってから、急に熱が上がってきた。
病院で胃腸の薬と風邪薬を一緒にもらってきたので、全部飲んで寝ようとするけれど、こたろうの最後の表情が目に焼き付いてて、目を閉じても寝られない。
午後から子どもの授業参観があったけれど、とても行ける状態ではないので、ダンナに会社が早退できそうなら代わりに行ってくださいと連絡した。
晩ご飯もダンナにおまかせした。

こたろうは、結婚してから飼った猫で、誰も知り合いがいない土地でのスタートを支えてくれた。
小さい頃はとてもやんちゃで、いたずらをし放題。
子育ては思ったようにはいかないんだよと、子どもが出来る前に教えられているようだった。
そして、今年の連休頃に、実家の母が入院したのとほぼ同時にこたろうの体調は悪化した。
こたろうは去年から腎不全で病院に通うようになっていたけれど、どうも母と同じような血液系の病気になったようだった。
詳しく調べるには骨髄検査をする必要があったけれど、獣医さんから高齢で麻酔を使うし、そこまでするのはどうか・・・みたいな話だったし、母が骨髄検査はしんどいと言っていたので、こたろうにはしないことにした。
こたろうも母も、どちらも完治しない病気で、どこまで延命するかを決めなければいけない。
こたろうに、親を見送る事前学習までさせられているようだ。
つくづくライフイベントの全てに関わる猫だ。

人の場合はどこまで延命するか自分の意志で決められるけれど、ペットの場合はそうじゃない。飼い主が決める。
動物病院のお医者さんも、人間の場合とは違い、こういう治療をしましょう、ではなく、こういう選択肢もありますがどうします?と聞いてくる。
私は、自然にまかせてあまりムリは延命はしたくないと思っていたけれど、強制給餌で持ち直したという人のブログを読んで、せめて体力だけでも戻ればと思い、ギリギリになってから強制給餌をした。
最初はウェットフードをうまく口に入れられなくて諦めかけたけれど、獣医さんだったらうまくやってくれるのかもと思って、一時入院させて代わりに強制給餌してもらったらどうなるのか相談してみた。
入院すると逆に食べなくなっちゃう子もいるので、どちらがいいかなんとも言えない。でもこの方法だったらどうかと言って、カリカリを薬みたいに飲ませる方法を教えてもらった。
私はご飯がこたろうの口にどんどん入っていくのが嬉しくて、せめて1日50粒は食べさせようと思い、3時間置きくらいにこたろうに強制給餌をした。
でも遅すぎた。やるならもっと早く、体力があるうちにやるべきだった。
どれだけ効果があるかわからないのに、こたろうに苦しい思いをさせただけじゃないんだろうか。
エサが喉の奥に入りすぎてオエってしたり、タオルに顔を隠して口を開けるのを嫌がってたのに。

13年間一緒にすごした存在はもういない。
猫はまた飼えるけれど、私をずっと支えてくれた存在の代わりにはならない。
同じ存在は、世の中のどこにもいない。
自分が大事にしている存在が明日もある保証なんてない。
自分が明日どうなってるかだってわからない。
人生は永遠には続かない。

合計
現在の体重 58.5 59.1 58.9 59.0 59.0 58.3 58.7
夜8時以降に食べない x x 5
1時間程度の運動をした x x x x x x x 0
ギターの練習をした x 1 1.5 1.5 x x x 4
チェロの練習をした x 2 1.5 2 x x x 5.5
英語の勉強をした x x 1 1 x x x 2
絵の練習をした x x x x x x x 0

月曜日
こたろうゲロなし
敬老の日で世間は祭日。
今日はダンナも有給を取っていたのでお休み。
午後から、創也がおもちゃ屋さんでやっているベイブレード大会に参加。
よく見れば、参加者みんなで同じベイを持ってる。
何が出るかわからないランダム出現のシリーズがあって、1つだけ入ってる強いベイを出すために全集類まとめ買いしている大人もいるそうですが・・・。
子ども相手になんというひどい商売だ。

火曜日
こたろうゲロ1回
コタロウを病院へ。前回と変わらず3.04kg。
強制給餌してもこれ以上増えないのかな。
減るよりはマシだけど・・・。

ギターの練習を1時間した。半分はスチール弦の方で。
最近ずっと30分だったけど、これだと指先が固くならないので、1時間は必要かな。
チェロの音量アップにも役立てようと指先トレーニング。
だが、いくら練習したところでメンタルが弱くては話にならないので、これもなんとかせねば。

水曜日
こたろうゲロなし
ダンスとサッカーの送迎あり。

木曜日
こたろうゲロなし
こたろうがいつも隠れていたダンボールの中ではなく廊下で寝てた。少し体力が戻って、隠れてなくてもよくなったのか?
でも、エサを食べさせたあとでヒザから下ろすと、よろめいて倒れた。
ヒザ程度の高さから降りるのも苦労しているようなので、なるべく床に近づけてから下ろすようにした。
気分はよくなったけど、体力は戻ってないようなカンジなのかな・・・。
自力でご飯を食べる気力はない様子。
夜、マッサージチェアの上に座ってお腹の上で抱っこしたら、こたろうは私の右横に行きたがったので、横に寝かせて背中をなでながらビデオを見てた。
寝る前のご飯も嫌がって口を開けてくれないので、口の横からちゅーるを多めに流し込んだ。

金曜日
こたろうは、私が朝起きたときは動いていたのに、子どもが朝ごはんを食べている間に死んでしまった。
ご飯の用意をしているときに、ダンボールの中で何かビックリして飛び起きたような音がしてた。
その後で、廊下で寝ている姿を見かけて・・・、どうしたっけ。抱っこはしなかった。撫でてあげたっけ?
朝、こたろうにおはようと言ったかどうかも思い出せない。
いつもはダンボールを覗き込んで言ってるけど、そのときはどうだったか。
すぐそばにいたのに、最後の瞬間に気がついてあげられなかった。
ごめんね、こたろう。

この日のことは、また別の記事にして残しておく。
こたろうを忘れないように。

土曜日
午後1時からペット霊園のあるお寺でこたろうを火葬してもらった。
遺骨を一番小さい骨壷に入れて持って帰った。
大柄な猫だったから骨を砕かないと入りきらなかった。
大きい骨壷もあるけれど、家にずっと置いておくなら小さい方がいいと思ったので。
子どもたちは骨を砕くのはイヤだと言ったけれど仕方がない。
祖父が亡くなったときも、丈夫な人だったので骨が大きく、砕かないと骨壷に入りませんと葬儀社の人に言われていたのを思い出した。
作業をしてくれるおじさんが、見えない場所で音も立てないようにして、小さく砕いてきてくれた。
頭蓋骨と顎の骨、喉仏を他の骨の上に乗せてフタをした。

日曜日
車に乗ると、こたろうを助手席に乗せて動物病院に通ったことを思い出して、運転中でも涙が出る。
何を見ても何かを思い出す。
空が青ければ、こんな天気の日にこたろうと散歩したなとか、スーパーで鶏肉を見れば、こたろうはゆでた鶏肉が大好きだったな、今度まぐろも食べさせてあげようと思ってたな、とか。
冷蔵庫を開ければ、こたろうにあげてたチーズの残りが・・・、みたいにキリがない。
タオルを常にヒザの上に用意だ。

今日はヤクルトの工場見学に子どもを連れて行った。
工場見学をするとヤクルトがタダで飲めるということだったけれど、1本しかくれない。
シャトレーゼの工場見学みたいに食べ放題とは言わないけれど、せめて何種類か飲めればいいのに。

合計
現在の体重 58.9 58.7 58.2 58.5 58.6 58.3 58.6
夜8時以降に食べない x 6
1時間程度の運動をした x x 1.5 x x x x 1.5
ギターの練習をした 2 0.5 x 1.5 1 x x 5
チェロの練習をした 1 1 1 1 1.5 0.5 x 6
英語の勉強をした x x 0.5 0.5 x x x 1
絵の練習をした x x x x x x x 0

月曜日
こたろうゲロなし

火曜日
こたろうゲロなし
こたろうを病院へ。
2.96kgと、エサを食べてないのになぜか現状維持。
体に水が溜まってるのかも?
一度入院させて強制給餌をお願いしてみようかと思ったら、環境が変わるとエサを食べなくなる子もいるので、必ずしもうまくいくかわからないからということで、違うエサのやり方を教わってきた。
薬の飲ませ方でカリカリを一粒ずつ飲み込ませる方法。面白いように口に入っていく。
薬もエサも一緒で、やり方はこんなカンジ。

水曜日
こたろうゲロ2回
昨日エサをポイポイ入れたせいか、今朝は2回水ゲロ。
胃がもたれたのかな?

木曜日
こたろうゲロなし
夕方、創也が咳が止まらないというので、週末の発表会に熱を出せれても困るので病院へ。
ついでに長時間の運動後に咳が止まらなくなる件について聞いてみた。
運動で誘発される喘息の可能性はある。もし、今度そうなったら安静に。

金曜日
こたろうゲロ1回
こたろうを病院へ。3.04kg!
久しぶりの3kg台に回復。
子猫用のカリカリの方がカロリー高いので、太らせたいなら子猫用がオススメだって。

今日はチェロのレッスン日
創也、熱はないけど咳がツライということで学校お休み。
ママは発表会前なので、チェロのレッスンは休みませんよ。1人でお留守番してもらった。
チェロのレッスン24回目、初めての発表会、本番前にやっておくことの確認と心得

土曜日
こたろうゲロなし
発表会前日なので、納得行くまで練習したいんだけど、乃絵ちゃんはそれほど気にしていない様子。
ムリに練習させようとすると、すぐにふてくされる。
こっちは心配でたまりませんが、これが本番に強い女の器の違いか。
ママは小さい・・・。

日曜日
こたろうゲロ1回
今日は子どものピアノの発表会。
私も親子アンサンブルに参加してきましたが・・・。

リハーサルは大丈夫だったし、本番5分前に控え室で練習してたときも大丈夫だったのに、本番でメロメロになりました。
ピアノやエレクトーンは緊張して手が震えたところで音は狂いませんが、弦楽器は手が震えると、どうにもならない。
あああ~~~;;
チェロってトレモロみたいな弾き方あったっけ~(*_*)

発表会

今日という日、娘をとても尊敬しました。
本番中、休符の間に耳を掻いてる余裕っぷり。
マジで大物だよ。

夜は、恥ずかしい思い出が何度も甦って、布団の中でもがいてましたw
台風の音もすごいけど、心の中の嵐もすごくて、全然寝れない~;;

今日のレッスン
楽しき農夫の仕上げと、発表会で本番前にやっておくことの確認と心得などを色々聞いてきました。

伴奏の最後のドをプチっと切らないで、ピアノがジャーンとやったタイミングで弓をスッと上にやるとカッコイイw
自然にフェードアウトするカンジで。

スタッカートもテヌートも今のまま変えようとしないでいいです。
音程も合ってます。
楽しんで弾いてください。
ということで、一応仕上がりました。

本番前に確認しておくこと
椅子の高さ、ピアノの椅子だったら一番下にしておくとやりやすい。パイプ椅子ならエンドピンをいつもより短く。
エンドピンの滑り止めは外していいかスタッフに聞く。普通のオーケストラはみんな刺してます。
エンドピンを床に直に刺して弾くと、普段より大きい音が出る。
エンドピンの長さはリハーサルで決めておいて、そこから本番まで動かさない。控室があればそこに置かせてもらう。

本番前の心得
楽しんで弾くのが一番。
オマエは出来る!と暗示を掛ける。
息を止めない。休符で息継ぎ。
譜面に「オマエは出来る」と書いておく。
譜面に猫の写真を貼っておく。
弾いてる最中に譜面を見る余裕はないかもしれないけれど、弾く前にアドバイスや猫の写真を見れば落ち着きます。

いざ演奏・・・の前に
弾く前に音程の確認をする。CのドとGのドを弾き比べ。GのソとDのソ、DのレとAのレという具合に、音程を確認するだけでなく、ピアノが鳴りだす前に音の大きさを確認しておくと緊張がほぐせる。
ステージの上では自分の音はとても小さく聞こえますが、客席にはちゃんと聞こえてますので心配しない。
最初に出てくるドの位置に指を置いてから上に浮かせて待機。場所の確認をしておくと、初っ端から音痴になるリスクが減らせる。
ピアノが勝手に始めないように、チェロの合図を待たせるように言っておくこと。

雨の日対策
ハードケースなので雨の心配はないですが、人間用のカッパをかぶせてもOK。
音色はいつもと若干変わります。

広告